【アズレン】序盤の手引きその⑤【ドック・詳細・強化・限界突破・改造編】

 

スポンサーリンク
レグレンタル大

【アズレン】序盤の手引きその⑤【ドック・詳細・強化・限界突破・改造編】

ここでは序盤の手引きとしてドック・詳細・強化・限界突破・改造の解説をして行きます。

・ドックについて

メイン右下の「ドック」からドックに行くとこが出来ます。

ドックでは現在所有している艦を確認できます。

右上のソートは細かくフィルターをかける事も出来ますので便利に使っていきましょう。

ステータスをONにした場合

ドックの拡張も可能でダイヤ200個で10枠増やせます。

・艦船少女の詳細

詳細画面では様々な情報を確認できます。

・装備

これはそのままで装備中の武器スロットを確認できます。

左の「装備」と出来ることは同じなので詳しくはそちらで。

・属性(ステータス)

耐久

いわゆるHPの事です。これが戦闘中0になると行動不能となります。

アズールレーンはHPが0になっても轟沈(ロスト)はしませんが後述する疲労度や好感度が下がるので注意しましょう

・装甲

装甲は「軽装甲」「中装甲」「重装甲」の3種類があり

基本的に重装甲>中装甲>軽装甲の順でダメージを受けにくくなります。

特に小口径の砲弾ダメージに対しての減少量が大きいです。

しかしながら装甲により砲弾や雷撃、爆撃への得意不得意があり被弾した時のダメージが変わってきます。

これがかなり細かく中国版wikiを確認した所、「戦艦の放った鉄甲弾は軽装甲の艦に30%しかダメージが入らない」「同じ榴弾でも軽巡が撃つのと戦艦が撃つのではダメージが違う」

等、色々あって難しかったので

基本は「軽装甲は榴弾にかなり弱い」「中装甲以上は基本鉄甲弾がダメージを受けやすい」「重装甲は鉄甲弾の他に雷撃や爆撃機の爆撃もダメージを受けやすい」

と、覚えるのが良いでしょう。

・装填

砲撃の発射間隔に影響します。これが高ければ高いほど短い間隔で砲撃が可能です。

・火力

砲撃の威力に影響します。高ければ高いほど砲撃のダメージが上がります。

・雷装

魚雷攻撃の威力に影響します。高ければ高いほど魚雷で与えるダメージが上がります。魚雷を装備できない艦は0となります

・回避

敵からの砲撃や魚雷の回避率に影響します。砲撃が当たってもたまに「miss」と出るのはこのステータスの影響です。

・防空

対空砲の威力に影響します。高ければ高いほど敵艦載機を撃墜しやすくなります。

・航空

空母や軽空母の艦載機での攻撃力に影響します。高ければ高いほど艦載機での攻撃力が上がります。

・燃料

1回の戦闘での消費燃料です。

・表記されていないが存在するステータス

また、表記されていませんが内部的に存在するステータスもあります。

・命中

一部の装備で上昇するのが確認出来るステータスです。

しかし通常海域を攻略してる際、敵へ直撃した砲弾は一度も「miss」と出た時がありませんので何に影響しているのかわかりません・・・演習用のステータスとかですかね?

・速力

こちらも一部の装備で上昇が確認できるステータスです。

前衛艦隊の戦闘中の移動速度に影響するものだと思われます。

ちなみに主力艦隊はまったく動かないので速力は意味が無いステータスになってます。

・スキル

現在に所有スキルとスキルLvを確認できます。

未解放のスキルは上限突破することで解放出来ます。

・強化

左の「強化」より艦船少女の強化が出来ます。

強化は余っている艦船少女を素材にする事で「火力」「雷装」「航空」「装填」の4項目を伸ばす事が出来ます。

もちろん魚雷を装備出来ない艦は雷装値は0なので伸ばせませんし、艦載機を搭載出来ない艦は航空値が0なので同じく伸ばせません。

同じ艦を素材のすると経験値が2倍となりますが、同じ艦は上限突破にも使うので余程余っていない限りは避けたほうが無難です。

ちなみに強化に使った艦の装備は自動で外れる親切なシステムになっているので装備はそのままでも大丈夫です!

また、素材にする艦の種類によって得られる経験値が違います。

例)軽空母の場合

巡洋戦艦の場合

このように素材にする艦で得られる経験値がかなり変わってきますので無駄なく強化していきましょう。

基本は余分になった空母・軽空母は空母・軽空母の強化に当てて、その他の艦は様々な艦の強化に使っていけば間違いないと思います。

・突破(限界突破)

左の「突破」より艦船少女の限界突破が出来ます。

(管理人は今まで上限解放だったり上限突破だったり色々使ってきましたが今後は限界突破で固定したいと思います・・・)

限界突破は一定以上のLvに到達した時に同名艦や「紫ブリ」「金ブリ」と資金を使用して行います。

紫ブリこと汎用型ブリ

金ブリこと試作型ブリMKⅡ

限界突破は3回まで行うことが出来て下の表のように必要なLvや資金が変わってきます。

限界突破 必要
素材数
必要資金 必要レベル
N R SR SSR
1回目 1 100 300 500 1000 10
2回目 1 300 800 1500 3000 30
3回目 2 1000 1500 2500 10000 70

限界突破のメリット・デメリット

・メリット

①レベルキャップ解放

1度も限界突破をしていない場合Lvの上限は70までとなりますが、

突破する事に80→90→100と伸びていきます

②ステータスの上昇

1度限界突破すると全てのステータスが3~4割ほど上がります。

③スキルの習得

ロックされているスキルをアンロック出来ます。

④武器の威力補正の上昇

白で囲んである部分が上昇する補正値です。

突破前は135%だった威力補正が突破すると

140%になります。

・デメリット

使用燃料の増加

1回ごとの突破で戦闘時に消費する燃料が増えます。

1回の突破で1~2の増加ではありますが、海域攻略をするのに3~5戦の戦闘がありますので

上限突破した艦で艦隊を組むと結構なスピードで燃料が減っていきますので注意してください。

限界突破はメリットの方が大きいので出来るならした方が良いと思います。

ただし燃料消費は大きくなるので海域を周回したければ無凸の周回用艦隊を用意する等の工夫が必要かも知れませんね。

・装備

左の「装備」から現在装備している武器の確認が出来ます。

装備は基本的に「主兵装」「魚雷か副砲」「対空」「設備」「設備」です。

威力補正は砲撃ダメージに影響します。

・改

特定の艦は「改造」をする事が出来ます。

改造は「改造図」と資金を使ってツリーの順番に従って進めていきます。

改造を進めていくには

①前段階の改造を終えている。

②Lvが規定に達している。

③限界突破を必要回数終えている。

が条件になっていて、最終まで改造するにはLv80以上、完凸が必要となっています。

しかしながら、最終段階まで改造を行いツリーを全て埋めて近代化改修をすると「レアリティ」が上昇しなんと「立ち絵」が変わります。

また、ツリーを埋めている途中でもステータスアップ・攻撃補正追加・スキル習得と様々な恩恵を受けることが出来ます。

ちなみ現在改造することが出来る艦は8人います。

・駆逐艦:ハムマン ・駆逐艦:シグニット ・駆逐艦:フォーチュン

・重巡:サフォーク 

・軽空母:ボーグ ・軽空母:ラングレー ・軽空母:レンジャー ・軽空母:祥鳳

です。

改造する場合、レアな改造図特に貴重なので計画を立てて改造して行ったほうが良いと思います。

・終わりに

ここでは序盤の手引きとしてドック・詳細・強化・限界突破・改造について解説しました。

今後の仕様等で加筆、修正していきますのでよろしくお願いします。

また、これは変じゃね?とかここはおかしいよ?とか意見がございましたらコメントやお問い合わせよりよろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク
レグレンタル大
レグレンタル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする